食器のつけ置き洗いがNGなわけ

91669bba7b16d1cfcaa4de9f746b8112[1]

忙しい時、食後すぐ食器を洗わずに、とりあえず水に浸けておく。

おそらく主婦なら(主婦でなくても)誰でもがした事があるのではないでしょうか。

しかし、これは要注意なのです。

 

2011年、衛生微生物研究センターが発表したことで、

当時大きな話題になった研究結果があります。

それは、食器を約10時間水に浸け置きすることで水中の雑菌数が約77万倍に増殖する

というものです。

さらに、浸け置きされた食器は、その後食器用洗剤とスポンジで洗っても

細菌が取れきれずに残ってしまい、食中毒の原因にもなりかねません。

なぜ浸け置きがいけないのでしょう?

素人的には、少しでも水に浸けておけば、汚れが浮き出て洗いやすい、と

考えてしまいます。

ところが、食べかすが着いたまま長時間浸け置きすることで、

雑菌の繁殖を助けているのです。

食後はできるだけ早めに食器を洗うのが良い、ということですね。