朝シャンと夜シャン、髪にいいのはどっち?

シャンプーをする女性9月も半ばになりましたが、

まだ暑い日が続きます。汗によるベタつきは不快ですが、それは体だけでなく、頭皮も同じ。

汗と汚れを取り除くため、冬場よりもシャンプーする機会が増えていませんか?

ところで、みなさんは、いつシャンプーしますか?

朝、さっぱりとして出勤したいと朝シャンする人、寝る前にゆっくりお風呂に入りながら

シャンプーする人、さまざまいらっしゃるでしょう。

ちなみに私は朝シャン派です。

 

ところが・・・。

行きつけの美容院のマスターから、こんな事を言われてしまいました。

「朝シャンですか?それ、NGですよ。肌と同じで頭皮がリカバーする時間帯は

午後10時から午前2時の間です。髪が育つのもその時間帯ですからね。

その間にしっかり1日の汚れを落として、毛穴を清潔にしておかないと、

健康な髪が育ちませんよ。」

ガーン!!

朝シャン派の私は、最近髪にコシがなくなってきたなぁ、と思っていたのですが、

もしかしたら、長年の朝シャンが原因かも、とショックを受けました。

 

さらに、こうも言われてしまいました。

「頭皮は紫外線保護皮膜のような物質を分泌しますが、これが出るのは

シャンプーしてから6時間以上経ってからなんです。

だから朝シャンしてから出かけると、まだ保護皮膜ができていないので

紫外線の影響をモロに受けてしまうことになるのです。」

朝シャンに良い所は一つもないようです。

 

「じゃぁ、夜シャンなら問題はないんですか?」と食い下がる私。

「夜シャン派の人が気をつけなけれがいけないのは、まあ、朝シャン派にも

言えることかもしれませんが、濡れた髪の乾かし方ですね。

お風呂上がりに扇風機で乾かすのはNGです。」

dry.anim3[1]

「どうしてですか?」

「濡れた状態は、髪にとって非常に不安定な状態なんです。

ダメージはもちろん、臭いの元になるので、中途半端な乾かし方は髪を痛める元です。

ドライヤーできちんと乾かしてから寝るようにしないと。」

なるほど。

明日から夜シャン派に転向しようと決心した私でした。

 

マスター曰く。

「頭皮も顔も同じ皮膚がつながっているのに、

女性は顔ばっかりケアしてますね。

えこひいきはいけませんよ(笑)。」

20080708023831_img1_77[1]