気を付けて!「純水」は体に悪い

驚きました!

関西のとある飲食店のサイトを見ていたら、

「お客様の健康にために、お水は『純水』を

お出ししています。」と書いてあるのです。

「純水」!「健康のため」!

ちょっと待ってください(汗が出てきます)!

何でもピュアがいいわけではありません。「純水」とは、ミネラルなど溶存物質を取り除いた

限りなくH2Oに近い水のことです。「超純水」となると、H2Oそのものです。

こういう水は飲んではいけません。

 

純水、超純水は何も含んでいないので、有機物などをみな吸収してしまいます。

コップ1杯の超純水を飲んだら下痢になるでしょう(便秘に良いと進めているサイトもある

そうです!)。

超純水装置の開発に関わったある方の話では、

80度の超純水でコーヒー(モカ)を抽出したところ、

旨みもエグミも苦みも、全て出し切った、今まで飲んだことのない味だったそうです。

素材の成分を全て抽出するので、本当に良い豆なら最高に美味しいことでしょう。

そういえば、「純水で抽出しました」とパッケージに謳っているボトル入り緑茶もありましたね。

 

その開発者は、「超純水は溶剤試薬だと思って扱うべきだ」と言っています。

「お肌の奥の汚れも取る」という触れ込みで、純水美容を薦めるサイトもありました。

お肌にはご存知のように「皮膚常在菌」があります。

キメが整ってしっとりした肌は、「皮膚常在菌」のバランスが良い証拠なのです。

そんな肌に「純水」を使ったらどうなるでしょうか?

開発者の方は、毎日純水に手を触れていましたが、1週間もすると手がカサカサになり、

その後薄皮が向け、かゆみまで出てきたそうです。

 

たまにコップ1杯程度なら害はないかもしれませんが、

常用は控えたいものです。

腸内細菌のバランスが崩れ、体を壊します。

超純水・純水に近い水ができる

逆浸透膜式の浄水器の場合 、

浄水器内でミネラル成分を溶かし

込み、普通の水にしているそうです。

 

「不純物」として排除したものは、実は私たちの身体に必要なミネラルだった、というわけです。

何事も「過ぎたるが及ばざるがごとし」。

徳川家康は「過ぎたるは及ばざるに劣れり」と言い切っています。

生命に直結する水こそ、できる限り自然のままで摂りたいものです。