ひょっとして勘違いしてませんか?ーミネラルについての「本当の」話

「ミネラルウォーターでミネラルを摂取でき

る」と思っている人、いませんか?

とんでもない!それは全くの勘違いです。

なぜかって?―ではこれから説明しましょう。

 

 

ご存知のとおり、ミネラルは糖質、脂質、タンパク質、ビタミンと並ぶ五大栄養素の一つで、

ビタミンの吸収には欠かせませんし、

生きていく上で絶対必要な必須ミネラルもあります。

ただ、私たちの体はミネラルを作ることができないので、

食べ物から摂取しなければなりません。

 

ひとくちにミネラルと言っても、

①鉱物性ミネラル(無機ミネラル)と②植物性ミネラル(有機ミネラル)の2種類があります。

鉱物性ミネラルは石灰岩や珊瑚礁、土壌、海底に含まれており、粒子が大きいので

体内への吸収率は8~12%と低めな上、加齢とともに吸収率も3~5%に減少します。

また、大量に摂取すると体に溜まって慢性病の原因となります。

溜まる場所が関節なら関節炎に、血管なら動脈硬化に、腎臓なら腎臓結石、

脳なら脳梗塞、という具合です。

硬水の多いヨーロッパで関節炎が多いのもうなずけますね。

ここまで読んでもうお分かりでしょう。

ミネラルウォーターに含まれるミネラルは、この「鉱物性ミネラル」なのです。

 

私たちの体に必要なのは、植物性ミネラルです。

植物が土壌から鉱物性ミネラルを吸収して有機化したミネラル

(マイナスイオンの電荷を与えたもの)は、

粒子が小さく可能吸収率が98%もあります。

水溶性ですので摂りすぎても自動的に対外へ排出されるので、

過剰摂取の害がありません。

 

 

 

 

ですから、ミネラルはミネラルウォーターからではなく、

食物から摂るようにしてください。

それもなるべく野菜で摂るようにしてくださいね。

ご存知ですか、小松菜とひじきのカルシウム量。牛乳より多いんですよ!

○100g当たりのカルシウム量の比較

・牛乳      110mg

・小松菜 生   170mg  ゆで   150mg

・ひじき     1400mg

(文部科学省HP 「食品成分データベース」より)

小松菜のお浸しにひじきの煮物なんて最高ですね!

 

ちなみに「エランビタール」はミネラルを微粒子化するので、

水道水中の鉱物性ミネラルも吸収が良くなります。